【 緊 急 開 催 】ハイパーの日

DATE: Thursday 8月18日,2016年

TIME: 23:00 ~ LATE

PRICE: ENTRANCE 1000YEN ★FREE ENTRY企画あり★

GENRE: Bass Music / Electronica / Techno

ARTISTS: HyperJuice, HABANERO POSSE, SHINSTAR, KATCHI, EGL, Blacklolita, DJ DON, KOTOBA SELECT, YonYon, Humungas, min.

来場の際の、紛失物に関しての責任は一切負えませんので、予めご了承下さい。 club time イベントの20歳未満の方のご入場は固くお断りしております。ご入場の際には写真付きの身分証明証の提示をお願い致します。 尚、男性の方のサンダル類でのご入場はお断りさせていただきます。

#ハイパーの日2016
8/19に新曲リリースのHyperJuiceと一緒に「ハイパーの日」を遊び倒そう。

新曲「HyperJuice × Habanero Posse - Fiyahhhh feat. J-REXXX」でもコラボレーションしているHABANEROPOSSEを筆頭に彼らと親交の深いアーティストが続々出演決定!!!

お盆明けド平日こその入場料は千円!?!?

さらにフリーエントランス企画としてiTunesにて先行予約受付中の新曲をご予約した方は入場無料!!! [ドリンク代¥500]
iTunes Store Pre-Order:http://hyperurl.co/fiyahhhh
特設サイト:http://hyperjuice.tokyo/fiyahhhh



★clubasia Official SNS★
Twitter: @clubasia_tokyo
INSTAGRAM: @clubasia
Facebook: http://www.facebook.com/clubasiatokyo

*****************************************************************
【LINE UP】
-MAIN FLOOR-
◆ HyperJuice
@haraqlo
@fazelock
http://www.facebook.com/hyperjuiceofficial

◆ HABANERO POSSE
@HABANEROPOSSE
@gunhead072
@FYSakaBINGO
http://www.facebook.com/habaneroposse

◆ DJ SHINSTAR b2b DJ XXXXX
@djshinstar

◆ ヒイラギペイジ (Lolica Tonica)
@blue_shoegazer

◆ イリエッティー (Underwater Squad)
@ryuya29

◆ DJ KATCHI (Underwater Squad)
@djkatchi

◆ EGL
@ItsEGL

◆ Blacklolita
@_Blacklolita_


-LOUNGE FLOOR-
◆ SPECIAL LONG SET DJ XXXXX

◆ DJ DON (新宿ドゥースラー)
@DUUSRAADON

◆ JuicyJun (Y2FUNX)
@JUICYJUN_Y2FUNX

◆ KOTOBA SELECT -DJ set-
@KOTOBA_SELECT
@@yon4yon3
@yudai_ishii

◆ min
@min__1


-VJ-
◆ Humungas
@i_am_glasses

◆ RIO
@c0uor


-FOOD-
◆ KIDOTAMA (clubasia/LOUNGE NEO)

HyperJuice

Group:

Country: Tokyo

Genre: HyperJuice

2013年、fazerockとharaの二人により結成されたサウンドチーム。 結成以来インターネットを経由して音源をリリース。その楽曲群を搔き鳴らしメンバー、クルーが入り乱れフロアを激しく揺らすLIVE/DJパフォーマンスで注目を浴びる。 パンクミュージックに傾倒しバンド出身のfazerockと、ダンスミュージックに心酔しレコードショップバイヤーとしての経験を通し様々なジャンルに精通するharaという出生の全く異なる二人が生み出すハイブリッドでオリジナルな楽曲群はカテゴライズ不可能。 オリジナル楽曲にも多数参加する盟友Jinmenusagi曰く『低音で踊らせる人達』、つまりは”太くて踊れて楽しければなんでもいい”、HyperJuiceサウンドでしかないのだ。 これまでにMINMI、ZEN-LA-ROCKの楽曲プロデュース、80kidz、PART2STYLE、BROKENHAZE他数々のRemixワーク、ネットレーベルやコンピレーションへの収録で知名度も上昇。
 2014年夏には盟友Pa’s Lam Systemと限定プレスのスプリット EP 「Hypa'slam EP」は即日完売。同 EP を引っさげ全国ツアーも決行。全国のダンスミュージックヘッズをロックした。
 そして 2014年10月デビューEP「TRAPPIN RIDDIM EP」を発表。iTunes Japan ダンスチャート1位、総合チャート10 位を記録。 また英 BBC RADIO 1Xtra の番組"Diplo and Friends"での楽曲オンエアされ海外にもその楽曲のクオリティーの高さをアピール。さらにダンスミュージックの代名詞にもなった"ULTRA JAPAN 2015"や国内最大級のベースミュージックフェス"Outlook Festival"へも出演し、ビッグクラウドを熱狂の渦に叩き込む。 現場 (LIVE) 感を重視する彼らは☆TAKU TAKAHASHIが主催するクラブミュージック専門ラジオ局"block.fm"にてレギュラー番組"HYPE ME RADIO"のパーソナリティーを務め、毎回今一番"踊れる"MIX を提供している。 2015年9月には1st mini album「Lights」をリリース。JinmenusagiとEVO+のMC & Vo.をフィーチャーした、ファンの意表を付くポップなボーカル曲"City Lights"は、そのエモーショナルなメロディーで数々のアーティストをも魅了し、今もこの楽曲のRemixが制作され続けSoundCloudを侵食している。 既存の全ての型にはまらない、はまれない、彼らの音楽にまた踊らされる事間違いなし。 HyperJuice is the sound team established by fazerock and hara in 2013. Since then, they have been releasing original tunes through the internet and is known to be absolutely relentless when it comes to live/DJ performance. They have produced, made a official remix and recorded to the compilation album alongside a substantial list of artists including: MINMI, ZEN-LA-ROCK, 80kidz, PART2STYLE, and BROKEN HAZE to name a few. In 2014, their limited EP「Hypa'slam EP」collaborated with Pa's Lam System was sold out immediately. With this EP, they have traveled Japan showcasing various styles of DJ sets and locked the dance music heads. Later in the year, they dropped their debut EP「TRAPPIN RIDDIM EP」and topped iTunes Japan dance chart and 10th in the Total chart. It was also picked up play and support from ” Diplo and Friends” (BBC RADIO 1Xtra) . HyperJuice has performed in most popular EDM festival ULTRA MUSIC FESTIVAL JAPAN 2015 and Japan's biggest bass music festival OUTLOOK FESTIVAL and had the crowd rocking from start to finish. They also served as a host DJ for ” HYPE ME RADIO” at block fm held by ☆TAKU TAKAHASHI and providing a danceable live performance on air. In September 2014, they released their own 1st mini album「Lights 」. Collaborative pop single ” City Lights” featuring Jinmenusagi and EVO as were met with universal critical acclaim reflecting a emotional melody and dynamic approach to music production. Many series of remixes had been exchanged among other DJ. HyperJuice is a unique creative alchemy made between fazerock and hara. They strives to ensure that each and every crowd has an unforgettable experience and the dance floor remains hot throughout the night.

HABANERO POSSE

Group: Wickedpedia Radio

Country: JAPAN

Genre: SEXY BASS MUSIC & DIRTY GHETTO MUSIC

HABANERO POSSE ( http://www.habaneroposse.com ) FYS a.k.a. BINGOとGUNHEADが“SEXY BASS & DIRTY GHETTO”を掲げ、2011年に結成したDJ/プロデューサー・ユニット。後にグラフィックメンバーとして©405mhzが加入。様々な分野の核となる部分を飲み込み消化するが故にジャンルは住所不定のオリジネーター。 世界最大のBASS MUSIC FESの日本版「OUTLOOK FESTIVAL JAPAN LAUNCH PARTY」にて開催された日本初のBASS MUSICを基本としたサウンド・クラッシュでは初回(2012)、二回目(2014)と圧倒的なプレイで連覇を果たし殿堂入りを達成。   楽曲提供/REMIXは、RHYMESTER、ZEEBRA、ANARCHY、RIP SLYME、SHINGO★西成、RYUZO、!!!KYONO+DJ BAKU!!!、DJ LEAD、SMITH CN、KOHH、UNA、YOCO ORGAN、MVJI MOB、SOCCERBOY、HIBIKILLA、倖田來未、SKY-HI、KEN THE 390、KLOOZ、 G2、KAN TAKAHIKO、LEF!!! CREW!!!、PART 2 STYLE、SONPUBなど幅広く、日本語を世界のダンスフロアに対応させる仕上がりを得意とする。また、フロアアンセム化している多くのBOOT REMIXも制作。 2013年8月に自身初のオリジナル楽曲によるEP「JAZZINN」を発表。Butterzのプログラム(RINSE FM)やフランスのレーベル、アメリカのGHETTO MUSICのオリジネーターにピックアップされるなど、海外からの評価も高い。 block.fm開局当初(正確には開局前のTCY RADIO時代)よりBASS MUSICを中心としたレギュラー番組「WICKEDPEDIA RADIO」のパーソナリティー兼DJを務める。 2014年、DJ DARUMA(DEXPISTOLS)、JOMMY、CHAKI ZULU(THE LOWBROWS)、JOSHとパーティークルーJNGLFVRを結成。 国内屈指のサウンドシステムeastaudio協力のもと、DJ/トラックメイキングにおいての世界水準の出音をサウンドシステムの制作、測定から研究しワークショップの開催や、幅広いDANCE MUSICの知識やアイデアを活かしメジャーレコード会社のアドバイザーなども務める。 USのMOOMBAHTONコンピアルバム『MOOMBAH MARAUDERS』、ディズニーのオフィシャルリミックスコンピ、JUKEコンピ『160 OR 80』への参加、KAN TAKAHIKOとのスプリットアルバム『XMAS MOOMBAH EXPRESS』をリリース。

SHINSTAR

Group:

Country:

Genre: BASS / EDM

KATCHI

Group: UNSQ

Country: 東京

Genre: BASSMUSIC

95年生まれ21歳のBASS MUSIC DJ。 DJとは高校の部活動DJ部で出会い、15歳からElectroを中心にDJを始める。現在はBASS MUSICを軸に幅広いジャンルを、高校時代に確立させたジャンルや早さにとらわれない独自のプレイスタイルでMIXしている。 高校時代はDJ部の部長を務め、DJ部が主宰する若手DJパーティー「Next Order」も都内のBARやCLUBにて不定期ながら3回程開催している。 また、2015年秋から友人でDJのイリエッティー、ヒイラギペイジとともに「UNSQ」というGrime系DJの活動も始めており、KATCHI名義ではROAD TO OUTLOOK2016のセミファイナリストに選ばれるなど、どちらも勢力的に活動中である。 Twitter: @djkatchi SoundCloud: https://soundcloud.com/djkatchi DJ部Twitter: @dj_bu1

EGL

Group: LAMED

Country: Tokyo

Genre: Bass Music / Techno / Electronic

DJ/トラックメイカー. 自身のオリジナルトラック"Mosh Pit Tokyo"が数々のDJの目に止まり,注目され始める. OWLSA Radio, NEST HQ Resident Mix, Anna Lunoeのbeats1で彼のBootlegが使われているほか,Skrillex自身が"Victor Niglio - Locust(EGL Remix)"をクラブでプレイするなど,世界の著名プロデューサーからサポートを受けている. NEST HQ Artist Spotlightにも選ばれ, 彼の特集記事が掲載された. 2016年12月, 日本のネットレーベルであるTREKKIE TRAXから"EGL & CYBRPNK - 4WD"をリリース. http://nesthq.com/moe-egl-babe  http://nesthq.com/artist-spotlight-egl 2016年4月より"LAMED"に所属.LAMEDは2014年に立ち上げられたDJ/トラックメイカー集団.現メンバーはGUCCIMAZE,BASEMAFIA,KboW,RARUF,EGLの5人で構成されている.

Blacklolita

Group: AlphaVersion Records

Country: 福岡

Genre: Dubstep Breaks Neurostep Future Trap

九州は福岡、小倉在住のトラックメイカー/DJ。 2012年に音楽活動を開始、US Dubstepを軸に様々なジャンルのクラブサウンドを制作、そのハイクオリティな楽曲は国内外問わず高い評価を得ており、Never Say Die RechordsのSKisMや、Ookay、Au5などの世界の著名プロデューサーからもサポートを受ける。 2016年には小倉を拠点に活動する同胞Ryuki Miyamoto、OSHIRIJIMAとともに #LΛNCHR EPをリリース。自身の楽曲はskrillex主催「OWSLA」の傘下レーベル「NEST HQ」より特集記事が組まれるなど楽曲面でも高い評価を受けている。 2015年夏にはその評価を受け、OWSLA所属のAlvin Riskと共演、2016年夏にはBrenmarのサポートアクト、更には Porter RobinsonやRIZEのKenKen(金子賢輔)と共演を果たす等、DJとしての活動も精力的に行っている。 Soundcloud https://soundcloud.com/blacklolita Twitter https://twitter.com/_Blacklolita_

DJ DON

Group: Shinjuku DUUSRAA

Country: JAPAN

Genre: JUNGLE RAVE FootworkJungle

★DJ DON (新宿ドゥースラー) 1999年に【DON】名義でDJ活動をスタート。JUNGLE主体のBASS MUSIC DJ &TRACK MAKER。 2002年よりJUNGLE MUSIC EVENT【CHAMPION BASS】を始動。2006年にはMIX CD【BUST IT UP】をリリース。 JUNGLE MUSICの金字塔CONGO NATTYの来日公演に2006年、2009年、2014年と連続で出演。 2010年1月にカフェバー&サウンドスペース【新宿ドゥースラー】をオープン。 2012年11月、 MIX CD【13 Years Junglist】をリリース。僅か半年で500枚を売上げ好評を博す。 2014年には【VA - Soundgram 3rd Anniversary Compilation】に楽曲提供。 RAPBRAINSにトラック提供や豆尖にREMIX製作などHIP HOP界隈にも活動を広げている。 現場では自身の曲やダブプレートなど様々なフォーマットの曲を操りフロアを盛り上げ続けている

KOTOBA SELECT

Group:

Country: http://kotobaselect.flavors.me

Genre: POP, J-POP, J-ROCK, Alternative, Electronica

KOTOBA SELECT 2012年の4月に結成。YonYonとqoozilaの二人編成。2014年夏のRO69 JACK 2014入賞を切っ掛けに活動が本格化し、現在積極的にライブ活動・制作活動を行っている。それぞれ幼少期から触れて来たR&BやRockなどの様々な音楽をヒントに独自の解釈で新しい日本のポップミュージックを作ることを目指している。またDJユニットとして都内各所のパーティーに出演する一面も持っており、今後も幅広いフィールドでの活躍が期待される。 KOTOBA SELECT are a Japanese indie music duo formed in Tokyo, 2012. The group consists of Youngeun Jeong(Mainly on vocals, synthesizer) and Yudai Ishii(Mainly on guitar, vocals). Incorporating indie rock sounds into an R&B/HipHop beat, their tracks are full of originality. Yet their music being defined as stoic or complicated, most of the songs are written in Japanese with a catchy J-pop influenced melody witch leads the band to become a pioneer of a new genre in Japanese pop music history. Not only do they perform live but also perform as DJs in many parties held in Tokyo/Seoul as well. Winning prize artist of Japanese band audition "RO69 JACK 14"and"RO69 JACK 14/15"

YonYon

Group: BRIDGE / BaeTokyo

Country: http://bridge-asia.tumblr.com

Genre: BASS MUSIC, HIPHOP, FUTURE BEATS, HOUSE, TECHNO

YonYon (BRIDGE / BaeTokyo) 2011年にDJとしてのキャリアをスタート。Future Beats、Hip Hop, UK Bass、House、Technoまでジャンルを越え直感的にミックスするスタイルが世界中から評価され、日本のみならず東アジア、アメリカ、ヨーロッパなど国内外にまで活動の幅を広げている。 2016年から女性の芸術活動の支援を目的としたアトランタ初のパーティー[Bae]のアジア展開におけるディレクションを手がけ、現在は国境や人種、性的アイデンティティを越えたクリエイティブ・エイジェンシーへと成長させた。各国の姉妹たちを一つに繋げ、男性中心のクラブ文化の改善に働きかけている。 またソウル生まれ東京育ちというバックグランドを生かし、海外のアンダーグラウンドアーティストを日本や韓国に繋げるためのブッキングエージェント、“BRIDGE”のプロモーターとして2016年に本格始動。東京に拠点を置き、ブッキングのみならず、イベントの制作、英語/韓国語/日本語の翻訳・通訳・コラムの執筆・ラジオなどを手がけ、各国のカルチャーを相互に結ぶ架け橋(BRIDGE)となっている。 現在、世界各国を飛び回りながらも年内EPリリースに向けて楽曲制作中。 Director, DJ, Singer-songwriter, Beatmaker, Artist Promoter(BRIDGE) Born in Korea and raised in Tokyo, YonYon is a truly 'multi faceted talent’. As a DJ, singer and songwriter, she began her career with her band KOTOBA SELECT in Tokyo in early 2012. She is also a renowned booking agent and club promoter, having worked in the industry for half a decade. As a singer, YonYon has garnered a substantial local fan base, and has served as the voice for Shure Japan’s new product demonstrations for the KSM8 series. Experiencing success in the local scene, YonYon aims to eventually expand her brand internationally. YonYon’s sound is influenced by Hip-Hop grooves and Japanese Indie pop sounds, crafting an innovative sound that is relatively complex yet refreshingly simple. The majority of her songs incorporate Japanese lyrics with catchy J-pop influenced melodies. She plans on releasing solo EP spring of 2017. She has quickly amassed global attention for her eclectic vibes and moods she conveys through her DJ mixes. Both intimate and sensual, the sounds she fuses reflect her FutureBeats, UK bass, Grime and Hip-Hop roots. Her style aims to transcend trends and serve as an honest representation of her artistry. To date, YonYon has played at events in Seoul, Shanghai, Berlin, Warszawa, and New York, as well as upcoming shows in Taiwan, Hong Kong, Singapore and LA. In 2016, YonYon began working as a liaison for Tokyo based project “Bridge”(Connecting Europe and the US to Asia.) working to help underground artists perform at Japanese venues. In addition, she has lent her efforts to “Bae” project as director, a platform established in Atlanta in 2015 that aims to support women in music, helping the brand expand into the Asia as Director. It will be interesting to see what she’ll be bringing to the decks in 2017.

Humungas

Group: TREKKIE TRAX

Country:

Genre: Humungas

1993年冬生まれ、VJ/DJ/音大生。 2013年夏より都内を中心に活動を開始。2015年4月よりTREKKIE TRAXに所属。 ベースミュージック系パーティを軸に様々なパーティでVJを行い、クラブミュージックだけでなくアニメ・アイドル・VOCALOIDなどのイベントやバンドのライブにも出演している。 2014年8月、代官山UNITにて開催されたTraxman来日公演のVJサポートを務め、2015年2月にはLOUNGE NEOにて中村弘二氏の初オーガナイズイベントにVJ出演。 また、CTS『唯我独尊 ONLY ONE』のMVにおいてリリックモーションを制作するなど、現場に留まらず幅広い活動を行っている。 アーティストや楽曲の世界観を増幅させる映像で空間を演出し、現在では月平均10本以上のイベントに出演中。

min

Group: DOZEWELL

Country: Tokyo

Genre: "Bass music"/CUMBIA/Global bass/¡ALL TROPICAL MUSIC!

1992年池袋にdropされ高校時代からクラブカルチャーにのめり込み2010年活動開始。 World Wide "Good" Music Run around ALL bpm Mars89とB2B STYLE BASS UNIT "The Chopstick Killahz"を組み活動の幅を広げている。

インビテーション可

Flyer Takeout

携帯 : このフライヤーを持っていこう!携帯で画面上のQRコードをスキャン、またはメールアドレスを入力してあなたの携帯に転送します!

@